2010年03月30日

かんぽ生命と日生、JR東に500億協調融資

 日本郵政グループのかんぽ生命保険と日本生命保険が、JR東日本に対し、500億円規模の協調融資を行うことが29日、明らかになった。

 貸付期間は15年で、かんぽが200億円前後、日生が300億円前後を貸し出す方向だ。郵政改革法案で加入限度額の引き上げが焦点となる中、郵政グループの運用能力の向上が大きな課題に浮上しており、協調融資は、かんぽの資産運用の多様化に加え、日生の資産運用ノウハウを取り込む狙いもありそうだ。

 協調融資は31日にも実施する予定で、今後、エネルギー関連など他企業に対する協調融資も行う方向で調整を進めている。

 かんぽの資金運用は、これまで国債に偏っており、運用対象の多様化とリスク分散が急務となっている。かんぽは、協調融資により、経営基盤が強固な大企業向け融資など、新たな運用手法の開拓を進める考えだ。

 かんぽと日生は、2008年2月に医療保険などの商品開発や、顧客管理システムなどで業務提携することで合意している。日生にとっても、高い信用力を持つかんぽ生命と協調融資を行うことで融資のリスクを抑え、財務基盤の安定を図れるメリットがある。

花粉・インフルエンザ等に

テレビで紹介され、話題騒然の鼻マスクです!





posted by 新着!日本の経済ニュース! at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。